信州松代観光情報ホームページ


 

 

松代の将来 


 

観光地利用者100万人へ

2004年に実施した観光キャンペーン「エコール・ド・まつしろ」により観光地利用者数は80万人弱に跳上がり、現在は60万人前後で推移しています。2010松代イヤーによって観光地利用者数を100万人超に高めていきます。(長野市の計画目標は78万人)

 

松代地区の観光地利用者数の推移(観光地利用者統計調査結果(長野県))

 

おもてなし観光の定着 

おもてなし観光を松代地域の新たな"業"として定着させます。

こうして地域住民が全国レベルの財産である信州松代の歴史文化資源を、百年単位で維持していくことが可能な仕組みを作ります。

 

 

生きた街並みの形成 

これまで着実に行われてきた修景事業や街並み形成のルールづくりに加え、2010松代イヤーの街並み関連事業などによって、信州松代の歴史文化と、住民の生活が共存する生きた街並みを作り、次世代に残します。

 歴史の道

 

自立した自治圏、経済圏へ

長野市は現在、都市内分権を盛んに推進しています。この機会を生かして、松代地域は自治的に、そして経済産業的にも自立した地域圏を目指します。

 

 

若い世代が活躍する町へ

観光業を振興することで、新たな就業、起業の場を生みだすとともに、Uターン・Iターンを受け入れることなどで、若い世代が力を発揮できる活力ある町を目指します。

 

  

 



サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2017年 8月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。