信州松代観光情報ホームページ


 





※印刷を希望する方はこちらからPDFを一括ダウンロードしてください。
真田宝物館 平成28年真田宝物館特別企画展 NHK大河ドラマ特別展「真田丸」関連特別企画展 戦国の絆(きずな)



日時: [開催中] ~ 12月12日(月)

09:00 ~ 17:00
場所: 真田宝物館
費用: 【特別企画展入館料 平成28年1月17日(日)から】大人600円(団体500円)/小中学生200円(団体)150円 真田邸・文武学校との共通券あり



-長野市松代に真田のホンモノがある-

1月17日(日)~4月4日(月)
プロローグ 信濃の武士の関ヶ原、大坂の陣

4月6日(水)~6月27日(月)
第1期 真田乱世を生き抜く-戦国武将たちの狭間で-

6月29日(水)~9月26日(月)
第2期 真田天下分け目をゆく-小田原攻めから関ヶ原の戦い-

9月28日(水)~12月12日(月)
第3期   真田近世大名への道-昌幸・信之・信繁(幸村)-


信州松代 真田宝物館 長野市松代町松代4-1 TEL 026-278-2801 http://www.sanadahoumotsukan.com




NHK大河ドラマ特別展「真田丸」関連特別企画展
ここにしかない真田のたから
黄八幡旗
真田信繁書状(個人蔵)

 真田家は信濃の小豪族から、戦国乱世を生き抜き、近世大名として大きく成長を遂げた。真田昌幸は「表裏比興之者」と評され、真田信繁(幸村)は「日本一之兵」といわれ、今日も人びとを惹きつけている。
 一方、信繁の兄である真田信之は「家」を守り、松代藩初代真田家藩主として近世大名真田家の基礎を築いた。信之は、関ヶ原の合戦と大坂の陣を経験した戦国武将の中で、最も長く生きた人物の一人で、江戸時代にあっては将軍にも一目置かれる存在だったともいわれる。
 本特別企画展では、親子・兄弟・一族・家臣など様々な絆により、どのように真田家が存続し、戦国の世を生き抜いたのかを探る。


秀吉からの拝領品
唐冠形兜
三原の刀 拵
真田昌幸所用

松代藩初代 真田信之の武
真田信之画像
萌黄紡毛引咸二枚胴具足
黒塗稲妻形蒔絵鞍


記念講演会
「真田三代」
平山優さん(歴史研究家・『真田三代』著者)
日時:平成28年2月20日(土)14:00~
会場:松代支所
2階大会議室
参加費無料!
予約不要!
※駐車場がございませんので、公共機関でお越しください。


関連イベント
武士になってみよう!
真田昌幸所用と伝えられる甲冑のレプリカを着てみよう
平成28年1月24日(日)・2月28日(日)・3月6日(日)・3月27日(日)
場所:真田宝物館内
時間:午前10時~12時 午後1時~3時
参加費無料!※別途入場料がかかります


真田宝物館
長野市松代町松代4-1 TEL 026-278-2801
http://www.sanadahoumotsukan.com
・休館日 毎週火曜日
■開館時間 午前9時~午後5時(入館は4時半まで)


アクセス
JR長野駅より松代行きバス約30分「松代駅」下車徒歩3分
上信越自動車道「長野」I.Cより2km
サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2016年 6月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。