信州松代観光情報ホームページ


 
ふるさと松代人物館

わたしたちのふるさと松代からは、日本近代の発展に尽くした数多くの人物が育っています。2010松代イヤー実行委員会では、NPO法人夢空間の協力を得て、松代の風土を愛し、新たな世界を切り拓いていった先人たちをイラスト画によって紹介。その足跡を尋ね、学びながら、新たな明日を創造していくための企画を実施。今年度はあらたに5人の先人たちを顕彰する案内看板を作成し、それぞれのゆかりの郷地に立てさせていたださました。今後さらに多くの先人たちを発掘顕彰し、まちづくり、人づくりのために役立たせていきたいと考えています。
2010松代イヤー実行委員会

ふるさと松代人物館のパンフレットの閲覧及びダウンロード(PDF)のページへ




公武合体・開国を主張した
明治維新の先覚者

佐久間象山
さくまぞうざん

文化8年(1811)~元治元年(1864)

幕府老中海防掛となった藩主幸貫の顧問として「海防八策」を建議。公武合体、開国を主張し、維新の志士たちに影響力を発揮した。大砲実験や電信実験など科学・医学・兵学などにも明るく、ペリー来航時、吉田松陰密航事件に連座して松代に蟄居。のち許されて京に上るが、志半ばで攘夷論者らに暗殺された。



サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2017年 11月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。