信州松代観光情報ホームページ


 
ふるさと松代人物館

わたしたちのふるさと松代からは、日本近代の発展に尽くした数多くの人物が育っています。2010松代イヤー実行委員会では、NPO法人夢空間の協力を得て、松代の風土を愛し、新たな世界を切り拓いていった先人たちをイラスト画によって紹介。その足跡を尋ね、学びながら、新たな明日を創造していくための企画を実施。今年度はあらたに5人の先人たちを顕彰する案内看板を作成し、それぞれのゆかりの郷地に立てさせていたださました。今後さらに多くの先人たちを発掘顕彰し、まちづくり、人づくりのために役立たせていきたいと考えています。
2010松代イヤー実行委員会

ふるさと松代人物館のパンフレットの閲覧及びダウンロード(PDF)のページへ




公武合体・開国を主張した
明治維新の先覚者

佐久間象山
さくまぞうざん

文化8年(1811)~元治元年(1864)

幕府老中海防掛となった藩主幸貫の顧問として「海防八策」を建議。公武合体、開国を主張し、維新の志士たちに影響力を発揮した。大砲実験や電信実験など科学・医学・兵学などにも明るく、ペリー来航時、吉田松陰密航事件に連座して松代に蟄居。のち許されて京に上るが、志半ばで攘夷論者らに暗殺された。




八橋流筝曲の伝承者
記憶と譜本で八橋流を復活


真田志ん
さなだしん

明治16年(1883)~昭和50年(1975)

八橋流筝曲は、八橋検校によって創始された流派。八橋流が途絶えてしまっていることを偶然ラジオで聞き、少女時代に習い覚えた記憶と譜本をもとに八橋流筝曲(長野市指定無形文化財)を復興、伝承者となって保存に努めた。




鯉の養殖・飼育研究家
改良青鯉を各地に供給

鈴木市兵衛
すずきいちべい

文政2年(1829)~明治38年(1905)

鯉魚の養殖・飼育研究家として知られ、改良青鯉を産出。形状優秀で養法も模範的と高い評価を受け、各地の水産試験場に供給した。視察者・照会者が増え、『鯉亀飼養方法概略』を著し無料で配布し養殖・飼育の普及に尽くした。




江戸最強の
アマチュア囲碁棋士

関山仙太夫
せきやませんだゆう

天明4年(1784)~安政6年(1859)

寛政9年(1797)に出府後、本因坊烈元に入門し、18歳で初段。47歳の松代帰郷時に師の本因坊大和を破る。68歳の時、江戸最強といわれた本因坊家の跡目の秀索を松代に招き対局し、善戦する。『聖賢囲碁妙手集』など著作も多い。




「赤い鳥」の児童文学者
日本児童文学者協会創設

塚原健二郎
つかはらけんじろう

明治28年(1895)~昭和40年(1965)

藤村らとの出会いの中で学び、小説や童話を執筆。ヒューマニズムあふれた作品を発表。信州児童文学会『とうげの旗』同人の指導や初代日本児童文学者協会会長をつとめた。代表作に『七階の子どもたち』『子ども図書館』などがある。




生涯を船大工として生き
大型船舶や港湾を設計指導

常田壬太郎
ときだじんたろう

嘉永5年(1852)~昭和6年(1931)

島国日本は、造船なしの発展はないとの志を抱き上京。船大工や造船所で働き、明治16年、川崎造船所で大型船高砂丸を建造。同30年、舞鶴軍港新設時の調査監督となる。のち戦艦武蔵などを建造。「菜っ葉服」の考案者でもある。




牧水が心を許した
土の歌人・農民詩人

中村柊花
なかむらしゅうか

明治21年(1888)~昭和45年(1970)

蚕業技師、村内蚕糸会社役員を経て、農業に従事。水穂の「同人」に参加した後、牧水の「創作」に加わり、牧水門下の幹部の農村歌人として、土のにおいがする作品を数多<生み出してきた。歌集に「山彦」「旅の歌」などがある。




文武学校・松代雅楽・大門踊り
松代の文化を守った教育者

長岡助治郎
ながおかすけじろう

明治4年(1871)~昭和14年(1939)

明治28年(1895)宮島春松と出会い、松代雅楽の再興を誓う。大正6年(1917)新校舎建築のための旧文武学校取り壊し案の撤回に情熱を傾け、史跡に保存。大門踊りの復興、松代城模型作成など松代の文化保持興隆に心血を注いだ。




海外との逓信の基礎
海底電線の父

野中禎治郎
のなかていじろう

明治4年(1871)~昭和3年(1928)

船員を志し東京商船学校に入学。海底電線敷設の研究を続け、日本最初の海底電線敷設船沖縄丸で渡英。明治37年(1904)同船長となり、長崎・台湾間に海底電線を敷設。明治・大正の30年間に亘り、日本の海底電線敷設事業に貢献した。




メンデルの法則追試験に成功
エノキダケ人工栽培法を確立

長谷川五作
はせがわごさく

明治13年(1880)~昭和38年(1963)

トウモロコシの交配実験でメンデルの法則の追試験に成功。「エノキダケの人工栽培」に取り組み、苦心の末栽培法を確立した。埴科郡(現千曲市)西船山生まれで、長谷川家の婿養子となる。菩提寺の長国寺境内に胸像が建つ。



サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2017年 7月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。