信州松代観光情報ホームページ


 

旧町名復活運動の先進地域・金沢市


  

■全国初の旧町名復活kazuemachi

金沢市は、他地域に先駆けて旧町名復活運動を進めており、全国初の旧町名復活地区となった主計町(かずえまち:写真)をはじめ、市内11町の旧町名を復活させています。

 

■地名は文化遺産・歴史遺産

金沢市における旧町名復活運動の目的は、単に昔の町名に戻すことではなく、支え合うこころ、連帯のこころによる未来に向けたまちづくりと位置づけています。地名は、その地域の文化遺産であり、歴史資産です。地名が持つかけがえのない価値に注目し、これを復活、定着させていくことで、過去から未来までを貫く骨太のまちづくりを展開し、実績をあげています。

 

■旧町名復活をめぐる問題点と解決策

ただし、旧町名を復活するためには、住居表示法に関する法的な問題や、住民等の費用負担などの問題を避けて通ることはできません。金沢市は、独自の条例制定や、助成制度の新設などによって、これらの重要な問題の解決に先鞭をつけてくれています。

また、条件が整った地域から先行して進める、といった現実的で無理の少ない方法を選択しており、これら実践の知恵も大いに参考になります。 

 

■各地に広がる旧町名復活運動nagasaki_ginnyachou

現在、金沢市の他にも、長崎県長崎市(右写真)、長野県上田市、宮城県仙台市、大分県豊後高田市、東京都中央区、東京都千代田区、岩手県盛岡市、東京都台東区、石川県射水市、福島県会津若松市、埼玉県鴻巣市、大阪市中央区、福岡県福岡市など多くの地域で旧町名復活の運動が行われています。金沢市は、これら多くの地域のモデルとなっています。

松代も、金沢市など先進地域をお手本に活動を進めていきます。

 

<金沢市の歩み> 

 

昭和54年度

市制90周年記念事業の一つとして「金沢市歴史のまちしるべ標示事業」を開始。旧町名やその由来等を記した標柱をこれまで220基設置(平成19年3月31日現在)

 

平成3年

金沢経済同友会が旧町名の復活について提言

 

平成8年3月

市議会おいて、旧町名復活について質問があり、住民の総意による復活要望があれば、検討する旨市長答弁

 

平成8年8月

小立野校下町会連合会が、旧町名復活を問う住民アンケート調査を実施

 

平成9年10月

小立野校下町会連合会「旧町名復活促進委員会」において、市が旧町名復活の説明を行う(この間、市民の間に旧町名復活への議論が高まる)

 

平成10年11月

市長が、住民合意を基とした「旧主計町」、「旧飛梅町」および「旧下石引町」の復活方針を表明

 

平成10年12月

金沢市住居表示整備審議会が、「旧町名復活に当たっての考え方・方針」を答申

 

平成11年3月

市議会において、「町の名称の変更」(旧主計町、旧飛梅町および旧下石引町)を議決

 

平成11年10月1日

主計町が復活

 

現在

主計町を含む11町が復活

 

★詳しくは、金沢市ホームページ「旧町名の復活」 ↓↓

 



サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2017年 5月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。