信州松代観光情報ホームページ


 

史跡・博物館等

佐久間象山宅跡 象山神社内

県史跡 佐久間象山宅跡 長野県指定文化財 昭和35年2月11日指定  ここは象山の曽祖父国品以来の佐久間家の宅跡で、象山は文化8年(1811)2月11日この地で生まれた。 天保10年(1839)の2度目の江戸留学まで29年間ここに住み、藩の青年たちに学問を教えて後進の指導に 努めた。  象山の父は佐久間国善(一学また神渓とも号した)といい、5両5人扶持(70石相当)の家だったが、剣はト伝流の達人であり、また、易学もって知られた名門だった。  屋敷の指定面積は、877・8メートルで、南方中程に表門、西方中程に裏門があった。住宅は屋敷東寄り中央に東西五間、南北三間半の茅葺平屋造りのもので、表門西脇に父神渓の槍・剣術場・学問所があり、裏門の北と南に長屋2棟あって、藩中軽藩士の屋敷であった。屋敷東北隅には硝石製造原土置場があった。  元治元年(1864)3月、徳川幕府の招きで上洛し、開国・公武合体論を主張し大いに画策したが、同年7月11日京都三条木屋町で刺客の凶刃に倒れた。享年54歳。佐久間家は断絶になり、屋敷は藩に取り上げられ、後に住居も破壊された。当時をしのばせるものは、住宅の西北隅にあった井戸のみである。 平成7年2月10日 長野市教育委員会



桜賦 象山神社内

桜賦は万延元年(1860)春、象山先生50歳の時の作で、孝明天皇の天覧を賜った由緒ある名文である。 桜花の美徳をたたえて憂国の至情をこれに託し、人に知られぬ山の奥に散りゆく桜の花を自分にたとえ、ひそかに勤皇の志を 述べた韻文である。 この碑文は長野市の文化財に指定されている象山先生自筆の紙本から複製したもので、昭和51年4月11日篤志家の寄進によって建碑された。 (授与所に碑文解説あり)



真田勘解由家

真田分流 真田勘解由家 この家は約百六十年前、花の丸の長局をこの処に移築したもので、その前は殿町にありその時は萱葺であった 当家は初代藩主真田信之の子二代信政と京の小野お通の子(二代お通)圓子との間に生れた信就(のぶなり)を始祖とする通称勘解由信就は長子であったが大名家に入るを好まず末弟幸道が三代を嗣いだ 幸道に子がなく信就の六男信弘が四代を嗣ぎ六代まで続いたが七代は井伊家より迎えた 当家も四代は称津家から迎える等あり、両家とも現在に到っている 八橋流再興の祖真田志んはその生誕終焉の処として九代道泰が建碑している 平成13年 (秋)記 真田勘解由家主屋と鎮守社 当家主屋は江戸末期に藩主の館、花丸御殿の一部を移築したと伝えられているもので、木造平屋建(一部、中二階)、桟瓦葺で藩重役の住居としての趣を有する。弓術家でもあったが、女子は八橋流筝曲を伝承してきた。 鎮守社は、薬医門を潜り右手北東隅に位置する。覆屋敷には六連銭の真田家家紋と雁金、州浜の裏紋の瓦がのり、側面を白漆喰の塗り込め、腰を海鼠壁としている。主に八幡宮がまつられている。 松代登録文化財の会



真田邸(新御殿)

江戸時代末期(元治元年=1864年)に、松代藩9代藩主 真田幸教が当初 義母お貞の方(貞松院)の住居として建築し、やがて隠居した幸教の住居となり、明治以降は、真田家の私宅となりました。昭和41年(1966年)には真田家伝来の宝物とともに、長野市に譲渡され、今に至ります。  敷地内には主屋(御殿)と表門、7棟の土蔵などの附属施設に加え、庭園が一体のものとして残されており、全国でも少ない御殿建築の遺構です。 松代城跡の建築物として唯一、当時のままに残った貴重な建物で、間取りなどに武家屋敷の面影を色濃く伝えています。小堀遠州の流れをくむと伝えられる池山回遊式の日本庭園が四季折々の彩りと風情を楽しませてくれます。



眞田信重霊屋 重要文化財

当山は浄土宗に属し、天正2年 (1574)西条氏の開基で、松代眞田家初代信之の三男隼人正信重(3万石)の帰依寺であった、信重は慶安元年(1648)2月23日武蔵国鴻巣で病死し、遺骸は同地の勝願寺に葬ったが、生前の関係によって、同年当山に霊屋を建立し、信重公夫妻の位牌を安置している。 霊屋は方三間茅葺上を鉄板葺としている。回縁及び一間向抖付きで東面の正面中央に花狭間付桟唐戸を、左右連子窓で、柱上に出組をおき、中備は蟇股と蓑束、軒は一軒の繁とする。内部は前面一間通りを外陣とし、鏡天井を張り、格子戸で内陣を区画し、内陣は格天井で、奥に禅宗様仏壇をおき、阿弥陀像及び信重夫妻の位牌をおく、内外共漆塗、極彩色を施す、今は上部のみ残っている。 内外陣境の中備に45度方向に肘木が出た組物をおくのは、中国には古くあるが、日本では他に例がない。全体として古風で細部の手法が洗練されていて、近畿地方工匠の手になるものかと考えられている。 重要文化財 昭和46年6月22日指定 眞田信重霊屋 一棟 附 前 机  一脚 釣燈篭 二箇 関谷山十二神院 西楽寺 松代史跡文化財開発委員会









サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2018年 8月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)
ホームページ

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
旧象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。


松代まち歩きセンター定休日のおしらせ
旧平成30年1月より毎週水曜日を定休日と致します。
ご不便をお掛けすることもあろうかとは存じますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
マップ等ご入り用の方は松代観光案内所へお願いします。

<松代観光案内所>
長野市松代町松代殿町4-1
電話026-290-6400


松代まち歩きセンター
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会