信州松代観光情報ホームページ


 

史跡・博物館等

象山神社
幕末の先覚者・佐久間象山をまつり、全国の教育関係者の尽力により昭和13年に創建されました。総桧材桃山式流造の雄大な本殿を中心に、象山が幕末の志士たちと国家の時勢を論じたという高義亭、京都から移築した茶室・煙雨亭、象山宅跡、生誕の碑、生誕200年を記念して建立されたブロンズ像などがあります。

御祭神 佐久間象山(さくまぞうざん)について
 幕末の大先覚者である。
 松代藩士佐久間一学の長男として文化八年(1811)に生まれる。
 6才の時から父や鎌原桐山・活文禅師などから学問・武術を習い、20才で詩文・経書・武術等免許される程の秀才であった。
 23才江戸佐藤一斉の塾に入門、渡辺華山・藤田東湖等と親交。
 3年で帰藩し、藩の子弟に経書や漢学を教える。この頃名を修理、号を象山と改める。
 29才江戸お玉ヶ池に象山書院を開き、多くの門弟を集める。
藩主幸貫老中で海防掛の時、海防八策を幕府に上申する。
 36才帰藩し、湯田中・沓野・佐野(志賀高原)の利用係として開発に努力、又大砲・電信機等の製作・実演をする。
 41才江戸木挽町に塾を開き、勝海舟・坂本龍馬・吉田松陰
橋本左内など維新の英才を輩出。ペリー来航国論沸騰の際、軍議役として横浜警備に当る。開国諭を唱え横浜開港を主張する。
松陰密航事件に連座して投獄される。
 44才から9年間松代に蟄居される。この間高杉晋作・久坂玄端・山形半蔵・中岡慎太郎・石黒忠悳らが面会に訪れ、時世について、激論。象山の学識に感動して去る。
 54才元治元年(1864)幕府の命で京都へ上る。将軍家茂・
一橋慶喜・山階宮・中川宮に公武合体開国を説いて活躍中7月11日三条木屋町で尊攘派の凶刃にたおれ、尊皇開国の捨石となって非業の最後を遂げる。
 その後4年にして明治維新の世を迎え、象山の尊皇開国という
憂国の至情がそのまま具現されたのであった。

 大正2年象山殉難50年祭を契栽に、元審院長横田秀雄博士
の主唱で、神社建立の計画が進められ、地元をはじめ県下全市町村及び信濃教育会・全学校・全国関係者の協力によって、昭和13年11月3日県社として創建された。

財団法人 佐久間象山先生 顕彰会

象山神社内の看板より)






お問い合せTEL 026-278-2461
開館時間無料
交通・駐車場長野ICから約2km、JR長野駅から松代行きバス約30分松代駅下車+徒歩約10分



象山(ぞうざん)神社

※印刷を希望する方はこちらからPDFを一括ダウンロードしてください。











サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2018年 9月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)
ホームページ

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
旧象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。


松代まち歩きセンター定休日のおしらせ
旧平成30年1月より毎週水曜日を定休日と致します。
ご不便をお掛けすることもあろうかとは存じますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
マップ等ご入り用の方は松代観光案内所へお願いします。

<松代観光案内所>
長野市松代町松代殿町4-1
電話026-290-6400


松代まち歩きセンター
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会