信州松代観光情報ホームページ


 

史跡・博物館等

望岳賦 象山神社内
望岳賦は天保12年(1841)夏、象山先生31歳の時の作といわれ、桜賦と並び称される名作である。
富士山の気高く優美な姿を讃えて、自分の理想と抱負をこれに寄せた韻文である。
この碑は明治23年、象山先生と義兄弟の誼を結んだ村上政信が、先生直筆の書を碑文に彫りその邸内に建てたものであるが、その後行方不明となり、久しく幻の碑と称されてきたが、東京杉並高円寺の修道院内にあることが判明し、昭和48年11月9日神社創立35周年祭の当日奉迎再建した。


(授与所に碑文解説あり)













サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2017年 8月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。