信州松代観光情報ホームページ


 

史跡・博物館等

真田邸(新御殿)
江戸時代末期(元治元年=1864年)に、松代藩9代藩主 真田幸教が当初 義母お貞の方(貞松院)の住居として建築し、やがて隠居した幸教の住居となり、明治以降は、真田家の私宅となりました。昭和41年(1966年)には真田家伝来の宝物とともに、長野市に譲渡され、今に至ります。
 敷地内には主屋(御殿)と表門、7棟の土蔵などの附属施設に加え、庭園が一体のものとして残されており、全国でも少ない御殿建築の遺構です。
松代城跡の建築物として唯一、当時のままに残った貴重な建物で、間取りなどに武家屋敷の面影を色濃く伝えています。小堀遠州の流れをくむと伝えられる池山回遊式の日本庭園が四季折々の彩りと風情を楽しませてくれます。



お問い合せTEL026-278-2801(松代文化施設等管理事務所)
開館時間9:00~17:00(入場16:30まで)
休館日原則として無休 (※くん蒸期間中)
入場料真田邸 個人 一般:200円/小・中学生:80円  団体 一般:160円/小・中学生:60円
※他三館共通券(真田宝物館・文武学校併用)一般:400円/小・中学生:150円
交通・駐車場長野ICから約1km
JR長野駅から松代行きバス約30分松代駅下車+徒歩3分



真田邸(新御殿跡)

※印刷を希望する方はこちらからPDFを一括ダウンロードしてください。



■所在地
真田邸〒381-1231長野市松代町松代1番地
電話 026-215-6702

■開館時間
午前9:00-午後5:00(入館は午後4:30まで)

■入館料

■休館日なし

■交通機関
川中島バス「松代駅」より徒歩5分
■Location
〒381-1231
1 Matsushiro-Matsushiromachi Nagano City
(Phone 026-215-6702)

■Hours
9:00 a.m. to 5:00p.m.
(Gates open until 4:30p.m.)

■Admission Charges

■Transportation
A 5 - minute walk from Matsushiro Sta.
Bus stop, Kawanakajima Bus Line.
六連銭(むつれんせん)は海野(うんの)および真田氏の独特の家紋で六文銭(ろくもんせん)とも呼ぶ。紋の意義は、仏教説話の「六道銭」によるむので、六道とは地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天上道をいい、六道の世界をめぐり衆生を救済するため六地蔵に捧げる報賽(ほうさい)銭が六道銭である。これを家紋としたのは、柩(ひつぎ)に六道銭を収める風習にのっとり、戦にのぞむ武士の決死の覚悟を表したものである。銭は無文とし、3箇ずつ上下二列に連なるのが正しい。


 真田邸は江戸時代には新御殿とよばれ、松代城の南側に位置しています。文久2年(1862)に参勤交代の制度が緩和され、藩主の妻子か国元へ帰ることを許されます。
 9代藩主・真田幸教は、義母・貞松院のため元治元年(1864)に、新しく御殿を建て「新御殿」とするよう命じました。
 頁松院は同年10月に新御殿に移りますが、翌年の1月、参勤交代の制度が旧に復すると、また江戸に戻ることとなりました。
 その後、真田邸は藩主の座を退いた幸教の隠居所として使われます。明治維新後は、真田家別邸となりましたが、昭和41年(1966)に埴科郡松代町(現長野市松代町)に譲られました。
 昭和56年(1981)4月、松代城の「附」として国の史跡指定を受けました。江戸末期の庭園を有する御殿建築としては、全国的にも類例が少なく、貴重な建物です。

文化財の指定
名  称:史跡松代城跡附新御殿跡
指定年月:昭和56年(1981)4月
平成16年度から保存整備工事
史跡指定範囲面積:7,986㎡
構遣・規模:建物木遣一部2階建て1,684㎡
開設年月:昭和42年4月

部屋の機能(格式)によって異なる柄の襖が使用されている。

御居
間主の居間。ここから庭園を眺めるよう設計されている。

式台付玄関
見送り、出迎えの場所として利用された。

居間棟札
居間の天井に張られた棟札。元治元年(1864)10月2日に上棟されたことがわかる。

杉戸
主屋は4ケ所の杉戸によって表と奥などの空開か仕切られている。

御鎮守
棟札から慶応3年(1867)5月に勧請されたことがわかる。

土蔵
全部で7つの土蔵があり、真田家の大名道具が収蔵されていた。
表門
冠木門(かぶきもん)というスタイルで、南北に長屋が付属する。
真田邸
(国指定史跡)
Former Sanada Residence
(National Historical Monument)
This is the only building of Matsushiro Castle still standing. It was built for Otei , mother of the 9th
lord of Matsushiro, in preparation for her return when she was forced to live in Edo residence
under the reforms of 1862. It served as the home of the Sanada family from the Meiji era, but was
transferred to the city in 1966.




三施設共通

※印刷を希望する方はこちらからPDFを一括ダウンロードしてください。











サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2017年 9月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。