信州松代観光情報ホームページ


 

史跡・博物館等

山本勘助(道鬼)墓
山本勘助は、三河国(愛知県)の出身、26歳より諸国を巡り修行し、天文・兵法・槍術・築城術等武芸百般を体得、44歳にして武田信玄の軍師となり数々の策略を立て、上杉謙信の攻撃に備えて築いた海津城(松代城)の構築も手がけた。
1561年(永禄4年)9月10日の激戦において、信玄に勧めた「きつつきの戦法」を謙信に見破られ、武田軍は一時苦戦に陥り、勘助は責任を感じ奮戦の後討死にした。
勘助の墓は初め、この南、陣ヶ瀬の東、勘助塚にあったが、千曲川の流れにより荒廃していく姿を憂い、1739年(元文4年)松代藩家老鎌原重栄・原正盛が、信玄ゆかりの信州柴阿弥陀堂境内に遺骨とともに移し、墓碑を建立した。1809年(文化6年)には孫の鎌原重賢が、末永く墓を守るために更に石積みし、今の姿となっている。

「川中島の戦い」ゆかりの地整備保存会
信州柴阿弥陀堂
長野市観光課






お問い合せ申請・連絡先 信州柴阿弥陀堂 026-278-3824




サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2017年 10月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。