信州松代観光情報ホームページ


 

史跡・博物館等

上杉謙信槍尻の泉
 永禄4年(1561)川中島合戦の時、妻女山に陣を置いた上杉謙信は、戦いの勝利を神仏に祈願するため、時折、麓の会津比売神社(神社内には「謙信鞍掛の松」がある)や岩野村にあった聖観音菩薩像(伝行基[ぎょうき]作)に赴いていた、
 ある日のこと、帰途についた謙信は、あまりにのどが渇いたので、馬から降り家来の直江山城守に、「槍をかせ!」と命じ「妻女におわすよろずの神よ、我に清き水を与え給え!」と池に伏し一心に祈り、そしておもむろに立ち上がって空高く槍を構え、「えい!やっ!」と地面に槍の石突き(槍の柄の先端で地面に立てる部分)で強く突いたところ、そこから勢いよくきれいな水が湧き出Lたのである。

「妻女山に伝わる民話」から
(文責・青木貞元)
「川中島の戦い」ゆかりの地整備保存会













サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2017年 11月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。