信州松代観光情報ホームページ


 

史跡・博物館等

開善寺経蔵
 仏教の経典を収納するこの経蔵は、万治3年(1660)に建てられたことが、棟札により知られている。
 建物は、6.4メートル四方の主屋の周囲に裳階(もこし)と呼ばれる庇を廻らした一重の茅葺方形(かやぶきほうぎょう)造りです。庇の桟瓦(さんがわら)は、江戸時代末期ごろに替えられたものとみられる。
 主屋には、正面と背面の二か所に桟瓦(さんがわら)戸を、一部に連子窓(れんじまど)(格子入忠窓)を設けるだけで、間ロ部を少なくした板蔵の一種です。内部は一室空間の板敷、格天井をあげ中央に八角形の輪蔵(りんぞう)を据ている。わが国の仏教寺院の中でも輪蔵を備えた経蔵は極めて少なく、江戸時代初期の貴重な存在となっている。

開善寺
長野市教育委員会

建造物
開善寺経蔵
長野県宝
昭和41年10月3日指定










サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2017年 8月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。