信州松代観光情報ホームページ


 

史跡・博物館等

白鳥神社
 白鳥神社は松代藩初代藩主真田信之が元和8年(1622)上田より松代に移封された時、真田家の鎮守社として寛永元年(1624)海野宿の白鳥神社を現在地に勧請したことに由来する。現在の社殿は、文化10年(1813)に建築されたものである。三社本殿は、三間社流造こけら葺。拝殿は入母屋造桟瓦葺。彫刻を多用し、屋根伏せは向拝も含めると十字形である。
絵馬殿は正面妻側に切妻屋根を複合した特異な造りで、桟瓦葺。屋根伏せは撞木造のような独特な形状をしている。

市指定有形文化財
白鳥神社三社本殿・拝殿・絵馬殿
平成二十四年四月十一日指定 

平成二十四年十一月二十日
長野市教育委員会










サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2017年 12月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。