信州松代観光情報ホームページ


 

史跡・博物館等

竹山随護稲荷神社
竹山随護稲荷神社の由来
●この社はその昔、真田信親公(真田信之公・幸村公の弟昌親の子)が江戸(現在の東京)今井の屋敷内に鎮守として祭っていたものである。
●信親公には子がなく、2代松代藩主信政公の長子、信就公の六男信弘公が養子となるが、三代藩主幸道公にも子がなかったため、信弘公が幸道公の養子となり宗家を継ぎ、四代藩主となろ。
●真田十万石の宗家を相続することになった元禄16年(1703年)江戸屋敷内から海津城内に遷座し、鎮守として祭った。
●享保8年3月(1723年)ゆえあって幸道公の開基寺である恵明寺境内に遷座する。遷座建立された場所は、現在竹林昌となっていて、奥杜として祭られている所である。(狐の穴)
●八代藩主幸貫公の帰依篤く「正一位随護稲荷大明神」と称し、恵明寺が別当を司り、参詣人多く地方著名の社となる。
●しかるに、降って明治4年(1872年)維新改革の神仏分離令により別当引き離しとなり、神勤は中村神社神官に引渡しとなる。
●本殿が現在地に建立されたのは明治中頃とおもわれる。
















サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2018年 7月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)
ホームページ

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
旧象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。


松代まち歩きセンター定休日のおしらせ
旧平成30年1月より毎週水曜日を定休日と致します。
ご不便をお掛けすることもあろうかとは存じますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
マップ等ご入り用の方は松代観光案内所へお願いします。

<松代観光案内所>
長野市松代町松代殿町4-1
電話026-290-6400


松代まち歩きセンター
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会