信州松代観光情報ホームページ


 

史跡・博物館等

大鋒寺 真田信之霊屋
 松代、初代藩主真田信之の隠居所書院跡に建てられた霊屋。信之は明暦2年(1656)隠居し、翌3年7月、新造の隠居所に移った。同4年(万治元年)93歳の天寿を全うして没し、遣命により、隠居所を寺とし、真田林大鋒寺と号した。大鋒は信之の院号である。2代信政は父より先に没したので、三代幸道の時、伽藍が建てられた。霊屋は書院の場所に建てられ、信之の信仰していた阿弥陀三尊を本尊とした。
 正面三間、奥行五間、奥行の柱間は狭く、四、五尺である。宝形造・カヤ葺きである。外陣の欄間には三十六歌仙画が飾られているが、残っているのは二十四枚である。内外陣の杉二本が同柱で、その上に木鼻付の出組があり、ここだけが仏寺用の木組になっている。
 内陣奥中央に阿弥陀三尊、向って左に信之像(厨子入)、右に二代信政の画像を安置してあったが、明治4年、松代花の丸御殿にあった八代幸貫の像を移し、内陣奥に出張りを新造して三尊を安置し、幸貫像を左、信之厨子を中央に、信政画像を右に安置した。この霊屋は由緒がはっきりしており、近世初期の建築で、文化的価値の高い建築物である。


建造物 大鋒(だいほう)寺真田信之霊屋(さなだのぶゆきたまや)
長野市指定文化財
平成7年1月20日指定

平成8年3月31日
長野市教育委員会

The Historical Architecture.
The abode for the feudal lord Nobuyuki Sanada' s departed soul Nagano City Cultural Asset Established January 20th in 1995










サイト内の検索
観光&行事予定 カレンダー
前月2018年 12月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)
ホームページ

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

象山地下壕の休みについて
旧象山地下壕は、毎月第3火曜日はお休みです。


松代まち歩きセンター定休日のおしらせ
旧平成30年1月より毎週水曜日を定休日と致します。
ご不便をお掛けすることもあろうかとは存じますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
マップ等ご入り用の方は松代観光案内所へお願いします。

<松代観光案内所>
長野市松代町松代殿町4-1
電話026-290-6400


松代まち歩きセンター
NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会